あるくだっしゅ  
地域 : 京都    年齢 : いつの間にか54歳でぇす(^O^)
一言 : 
ふっふっふ…あるくだっしゅ、またまたまたまた登場しちゃいました〜(*^▽^*)           ふっふっふ…あるくだっしゅ、またまたまたまた登場しちゃいました〜(*^▽^*)           ふっふっふ…あるくだっしゅ、またまたまたまた登場しちゃいました〜(*^▽^*)           ふっふっふ…あるくだっしゅ、またまたまたまた登場しちゃいました〜(*^▽^*) 
あるくだっしゅ さんのプロフィール
自己紹介
名前あるくだっしゅ   ( いつの間にか54歳でぇす(^O^) ♀ )
地域なんかいいところに住んでます   ( 京都 )
HP/ブログ https://www.facebook.com/chottopinoco
血液型 B型
星座 天秤座
えと 「生産量激減、昭和41年ひのえうま」…来る2026年はこの因習がどう反映するか楽しみ。 ☆
好きな食べ物 つぶ貝(回転ずしのやつ)、あわび、ラーメン。 ☆
NGな食べ物 そば(アレルギー)、うなぎ・どじょうなどニュルニュル系、大塚製以外のスポドリ。 ☆
RUN以外の趣味 読書、映画鑑賞(ほぼレンタルDVD)、仏教・民俗研究 ☆
ごあいさつ 【あるく伝記】

@「足を互い違いに出すと前に進むよ!なんて楽しいんだろう!」と感動
  した記憶がしっかりとある…たぶん2歳ちょっと前くらい。いやマジで。

A当時始まり出した「バス通園」を批判否定する幼稚園に通う。朝の行進や 
 おでかけお昼など、とにかく歩くことを頑張らせる園生活だった。「ある 
 くちゃんは足が丈夫でうらやましい」と他のお母様方からほめられ、ます
 ます張り切る。

B建物周回がフルスピードで走れる県営アパート住みの小学生時代。遊びは
 は鬼ごっこやリレー等、走ることが主体(結果、ごく自然に近所の子はみ
 なリレーの選手となった)。

C都会を離れて何かと移動距離の長い田舎に暮らした中学時代。農道も雪道
 もサッサと歩ける脚力が養成された。

Dまたまたところ変わって盆地の中住みとなった高校生時代。バス代節約で
 他の子がバスを使う距離を歩く。授業さぼって20km歩いて海を見に行くと
 か。制服で革靴で…若かった。

E後に「フリーター」と呼ばれるバイト生活を1年ほど。お金がないので、 
 というより、自力で遠距離移動することが楽しくてしかたなく、たいてい
 の場所(往復30km程度)は歩きか自転車で。

E某企業正社員になっても会社の山岳部でまだ歩く。ここでトレーニングの 
 ためのマラソンが加わる。余興として大山登山マラソンや富士登山競走に
 もみんなで出かける。

 ・・・25歳直前のある大病、本社異動(通勤片道2時間)と仕事の激務化によ
 り6年ブランク…の後、再びの富士登山競走挑戦スタート。そのトレーニン
 グの方法を模索しているうちに、日常生活にスキあらばすべて歩きかR
 UNをぶっこむライフスタイルになる。毎日の通勤RUNなど当然(当時
 は変人扱い)。

F会社退職、京都来てはんなりほんのり暮らすかと思いきやまだ走ってい
 た。

Gおばあちゃん呼びされてもOKな年齢になり、更年期で中性脂肪も増えた
 のに(いや、増えたから、か?)まだ走っている ←イマココ

まぁ、生まれつき「歩きとRUN」で生きるように運命づけられた人間のような気がしてます…なので、このままずっと「歩きとRUN」で生き抜く人生を全うしようかと。クルマの免許も持ってないし。
練習場所 京都市内ふらふら、亀岡市内ふらふら〜からの八木・日吉もあったりする。
たまに
うちから大阪駅までとか/奈良東大寺までとか/琵琶湖までとか/若狭までとか
記録
京都マラソン(2019/2) 4時間ちょっと ( 一度当選してしまうと、なんだか今年も…で運試しみたいに申し込んでしまった。で、当たってしまった。で、走った。 )
京都マラソン(2020/2) 4時間ちょっと ( 開催日があと1週間遅かったら、東京マラソン中止にならってこっちも中止になっていたであろう大会。なんだかんだで3回目、レース参加もこれで終わりにしようかな…と思っていたら、2021は実質中止になったことで、あっさり区切りがついた。元々レース志向でもないのでこれでヨシ。良い思い出になったということで。 )
京都マラソン(2018/2) 4時間ちょっと ( まるまる1年、PC前に根を張って研究論文つくってたNoRun状態からの「いきなりフル」のわりには、前と変わらないペースでのびのび完走。…やっぱわたしからRunは消せないんだわ!とつくづく実感した。 )
1000m(昭和54年・1979) 3分38秒 ( 中学1年生時、体育の授業にて。ぶっちぎりのトップだった快感とともに明確に記憶に残る記録をちょっと自慢(^−^)ドヤッ。 )