2号室  
地域 : 神奈川    年齢 : 1956
一言 : 
次          次          次          次          次          次          次          次
2号室 さんの戦績
[結果]
2012/02/26    東京マラソン    グロス2:55:21 ネット2:55:15 男子509位 男女548位 年代別55歳〜 5位
3年3ヶ月ぶりのフルマラソン。2008年NYCマラソン後からスランプに陥り、フルマラソンは封印していたが勇気を出して練習を再開。クラブに所属していないので一人で行うスピード練習等は全く速く走れず、走行距離も減り不安だったが何とか設定タイム内で完走できた。頑張りすぎない練習が良かったのか、レース当日以外は緊張せずに過ごせたのが良かったのか?もう少しだけフルマラソンを速く走りたい。
2009/05/17    Green Bay マラソン    棄権
練習をし過ぎて疲れが抜けず。慢性疲労とスタート直前の左坐骨神経痛発生で1.4Mileで棄権。痛くて全く走れなくなった。
「練習すればするだけ強くなれると」思ったのは間違っていた。特に二日連続のポイント練習や毎週末の長距離レースは失敗の原因だった。
2008/11/02    NYCマラソン    2:50:37
またしてもサブ2:50を失敗。9Mileでトイレに行ったのが一番の原因だが、20Mile〜23Mileで「50分切りに間に合わない」と計算違いし弱気になってペースダウンしたのが一番悔しい。24Mileからはラストスパートする力も残っていた。あと39秒だった。
でもトイレへ行ったのも、弱気になったのも、計算違いも実力のうち。もっと修行が必要だ。
2008/05/04    NJマラソン    2:53:19
サブ2:50の為に練習してきたが作戦を失敗してしまった。特に「ネガティブスプリットで行こうと」思って「40Kmまで楽をして最後にスパート」と思ったった弱気の作戦が悪かった。「レースは苦しいもの」と思ってもっと攻めなければダメだった。
2007/11/04    NYCマラソン    2:51:50
良い結果が出た。マグレで無ければ良いのだが…。次はサブ2:50が目標。
2007/05/27    Buffalo マラソン    2:53:11
昨年決めた目標達成できたが満足できなかった。ペースは前半1:26:22、後半1:26:49と完璧。もっと攻めれば良かった。力を出し切れなかった。
2007/04/29    NJマラソン    途中棄権
4月12日に右ふくらはぎを痛め、全てが狂った。最後はレース中に左足の裏が痛くなった。まだ走れたがハーフで棄権して次のレースに挑む事にした。
2006/11/05    NYCマラソン    2:57:00
カーボローディングの失敗で途中3回もトイレへ行きタイムは諦めた。フィニッシュ後も体力が余っていてもう5Km以上マラソンペースで走れたと思う。次ぎの目標を2:54にする事が決まった。コースの攻略方法が分かってきた。
2006/05/28    Buffaloマラソン    2:59:44
Bostonの41日後のマラソンは厳しかった。その上、気温が上昇したので2:56:30の目標をサブスリーに変更。ラスト2Mileはサブスリーをかけてスパート。、ゴール後は両ふくらはぎが痛くなり歩く事ができなかった。力を出し切った。
2006/04/17    Bostonマラソン    2:57:13
心臓破りの丘と戦わず、他で時間を稼ぐ作戦が成功。心臓破りの丘の頂上から下りの5Kmをラストスパートする予定が2Kmしか持続できなかった。スタート10分前に急に坐骨神経痛が発生。5Kmまで死ぬほど痛く棄権しようかと思った。我慢して走り、10Kmで痛みは消えた。あれはいったい何だったんだろう?
2005/11/06    NYCマラソン    2:59:49
NYCマラソンは難しい。ぎりぎりサブスリーだった。最後1/2Mileを訳も分からずダッシュしたのが良かった。ラッキーなレースだった。