走るユリカモメ  
地域 : 茨城    年齢 : ついに半世紀を突破!
一言 : 
またあの大会に戻ろう!          またあの大会に戻ろう!          またあの大会に戻ろう!          またあの大会に戻ろう!          またあの大会に戻ろう!          またあの大会に戻ろう!          またあの大会に戻ろう!          またあの大会に戻ろう!
月日 距離 内容 タイム メモ
10/01 月 0.0   出国:ギリシャ⇒日本
このままでは終われない。1年かけてじっくり行こう!エゾシカさん・T野さん・S鳥さん、お世話になりました〜♪
10/02 火 0.0   帰国:日本到着
またもや風邪がぶり返した感じ…
10/03 水 0.0   会社復帰の日
風邪で体調不良だったが、それでもサラリーマンは出社。
10/04 木 0.0   夜勤
それでは明日の日記から、今年のスパルタスロンで知り合った方々を紹介していきましょう。
10/05 金 0.0   夜勤
今回の大会で知り合ったマレーシア人。彼は世界中のアドベンチャーレースに参戦しており、かなりの猛者として知られている有名人のよう。彼は5月に富士山(UTMF)に参加し、その次にインドのThe highに参加し、その後にはフランスでモンブラン(UTMB)に参加したあとにスパルタスロンに来たらしい。ひゃ〜そんなに海外の大会に参戦して、いったいいつ働いているんだろうか?ちなみに彼はスパルタスロンは80km地点でリタイヤした模様。
10/06 土 0.0   なんとか風邪は一段落
マレーシアの友人が参戦したThe Highって名前のインドの大会、いったいどんなレースか?と思って調べてみた。ぬぁ〜んと標高5千メートルくらいの場所で行われる222kmトレイルRUNらしく、彼はそこで2位になったらしい。いやはや何とも… 世の中には色んな大会があるんですねぇ。詳細は⇒ http://thehigh.in/
10/07 日 0.0   でも体力回復はもう少し
トレイルの大会の覇者であるマレーシアの友人。かれは今回のスパルタスロンは、Vibramの5本指シューズで出走していた。競技後に彼と親しくなったので「おいおい、あんなシューズで大丈夫なのか?」と聞いてみた。そしたら「慣れたら、あっちの方が走りやすい。でもあまり他人にはお勧めしない。もしチャレンジしようと思っても、いきなり長い距離を走らない方が良いよ。僕はトレイルメインだから、山はあの方が走りやすいんだ。」との返答。これまでベアフット・ランニングに興味はあったものの、まだ試してみたことはない。う〜む・・・?
10/08 月 10.0   休日出勤の日
トレイルの覇者のマレーシア人。彼がレース中の栄養補給に何を使っているのか聞いてみた。以前韓国の友人に同じ質問をしたら、「高麗人参ペースト」とか「コチュジャン(あの辛いやつね)」という答えが返ってきた。しかしマレーシア人の彼は、日本製のカロリーメイトのアップル味(ゼリー)がベスト。味も栄養も100点である!との話であった。ほんまかいな…?
10/09 火 5.0   今回の大会では、初めてイスラエル人の方と親しくなった。彼は初参加で完走を果たし、それがイスラエル人としても初の完走となったらしい。(過去にチャレンジした同国のランナーが数人いたが、いずれもリタイヤ)大会前からかなりのトレーニングと情報収集に努め、今回見事にフィニッシュしたらしい。また恋人の女性もレースにサポートとして同行し、ゴール後に彼女にプロポーズしたそうです(^o^)v イスラエルのGilad君、完走おめでとう!&恋人へのプロポーズ成功もおめでとう! ちなみに、、、スパルタスロンの大会の言い伝えとして、「完走して、プロポーズ」を考えているランナーは完走できないと、言われています。かれはそんなジンクスも打ち破って、両方を成し遂げたようです。
10/10 水 15.0   スパルタスロンで知り合ったイスラエル人の話。彼と話していると、えらく日本に詳しい。なんで?と聞いてみると、学生時代に日本にバックパッカーとして来たことがあるらしく、その時に色んな思い出があるらしい。夕暮れ時に道を歩いていて、車をよけたらそのまま溝に落ちて足をくじいたらしい。救急車で病院に運ばれ手当てを受けた後、医者や看護師さんが外国からのバックパッカーを見て「あんた今夜、泊まる場所あんの?」「晩御飯どーすんの?」と心配し始め、結局その病院にこっそり泊めてもらったそーな。そのときの周囲の親切が強烈に印象に残り、かれは日本好きになったそうです。なるほどねぇ。
10/11 木 0.0   またまたイスラエル人の話。彼と話していると、えらく日本料理に詳しい。なんで?と聞いてみると、日本滞在時に日本料理に出会い、そこで好きになったらしい。「フランス料理はバターやソースをべったり使うから一体何を食べているのか分からない。しかし日本食は素材を活かしつつ、そこに上手に味を付けていくから美味しい。何を食べているのかよく分かる。」なんて、嬉しくなるような話が出た。そんな彼も初めて「わさび」に出会った際は、あの緑の塊をそのまま口に入れてしまって酷い目にあい、もう2度とワサビなんて食べない!と心に決めたそうな。んが、それだけでは終わらない。苦い経験をした彼は、ある場所で刺身定食を「ワサビなし」で食べていたところ、そこのお店の人から「わさびをちょっとだけ付けて食べて見なさい。お刺身の風味がよくなるから」とアドバイスを受けたらしい。恐る恐る試してみると、あ〜らビックリ!生魚の臭みが消えて、魚のおいしさが際立つではないか!日本食の奥の深さ恐るべし!それから彼は、「ワサビマスターになりたい」と、日本滞在中はワサビを使いまくっていたらしい。そんな出会いもあるんですねぇ…
10/12 金 15.0   昨日のワサビの話。彼のワサビ話に深く感心したユリカモメ。そこまで日本の食文化を理解したとは素晴らしい。「あのねGilad君。実は刺身に付けるのは、ワサビがほとんどだけど、ショウガもあるし、ニンニクってこともあるんだよ。」と教えてあげた。彼は衝撃と共に大きな落胆を味わった。「知らなかった。まだ試したことがない…」まぁ心配せんでも、次に日本に来たら私がそれくらいご馳走してあげましょう。
10/13 土 15.0   NHKスペシャル「激走!日本アルプス大縦断」を観た。いわゆるTrans Japan Alps Race (TJAR)ってやつですね。8日間にも及ぶ過酷なレースは、スッゲー!の一言であった。んが、途中でリタイヤしたランナーの名前を見てビックリ!なんと毎年萩往還で好記録で完走している、静岡県のピョコタン所属のR本さんであった!ほんとーに彼か?と思って映像を見ていると、やっぱのしゃべり方と声の大きさはR本さんであった。ひゃ〜彼はこんな大会にも参加していたんっすね。来年の萩でTJARに関して質問してみよう。
10/14 日 0.0   ギリシャへの出発時に風邪を引き、帰国時にも風邪を引き、なんだか今年は体調を崩してばかり。が、やっとそれも収まって来た。今年の夏に苦しんだアキレス腱付着部炎も影をひそめたようだ。よっしゃ1月の勝田全国マラソンへのエントリーも済ませた。あとは練習するだけ。さぁ走ることを楽しもう(^o^)v
10/15 月 16.0   土曜日に観た「激走!日本アルプス大縦断」。番組の最後に、制限時間を過ぎて競技失格になってもゴールを目指すランナーがいた。まさに鶴沼ウルトラのモットーである「頑張る君はうつくしい」にふさわしい選手であった。そう言えば同じような光景を、過去のスパルタスロンでも見かけたことがある。ゴール最終時間の夕方7時を過ぎ、応援に来ていたギャラリーもまばらになった頃、よれよれのランナー3人がゴールしてきた。ゼッケンをつけていなかったので地元のランナーの練習かと思ったが、それにしてはみんなヨレヨレのボロ雑巾であった。よく見るとゼッケンはないが、スパルタスロン参加者に配布されるIDカードを身に着けていた。彼らは途中の関門の制限時間にひっかかったのであろうが、失格になった後も走り続けて来たのだ。大抵失格になった場合、そこまで死力を尽くして到達したが関門に引っかかったため、そこから前に進む体力なんて残っているはずがない。ところがそれでも進み続けたなんて、並大抵の気力・体力ではない。まさに気力と根性で突き進む、魂の走りであった。気が付くと私は、力の限り大声で「Bravo!」と叫んでいた。
10/16 火 15.0   アキレス腱付着部炎も影をひそめた様子。よしよし。【業務連絡】エゾシカさん、写真よろこんで頂けたようで何よりです(^-^) アト、そうですあの番組にはR本さんが出ていました。土砂降りの雨の中、ずぶぬれになって山小屋に入った来た2人のランナー。一人が「リタイヤします。これが自分の実力です…」と肩を落としていたのがR本さんです。それにしてもすごい大会でしたねぇ♪
10/17 水 15.0   最近また本を読み始めた。今回は有川浩「フリーター、家を買う」。いんや〜この作家の作品は面白いなぁ。阪急電車も楽しかったが、これもなかなか期待できそう。面白いと言えば、先日久々に小林まこと「柔道部物語」を読んだ。夏のロンドンオリンピックで柔道を観ていたら、なんだか無性に読みたくなった。んで感想。やっぱ面白いわ。コミックは素直に楽しいのが一番 (^o^)v
10/18 木 0.0   雨が降ったので休む。よい休息になった。明日は人間ドック。またバリウムを飲むことになるのかぁ…
10/19 金 12.0   人間ドックでバリウム飲んで、その日の夕方に走りました。いつ出てくるかタイミングが分からず、ドキドキのJogでした。(-_-;
10/20 土 20.0   LSD
そこそこ走れた。
10/21 日 32.0   登山+トレイル+LSD
筑波山神社での出来事。賽銭箱の前には長蛇の列。なんでこんなに人が並んでいるんだ?と不思議に思っていると、その最前列には山ガールらしき5人組が。何かみんなで相談している様子。「ちょっとぉ〜お賽銭っていくら入れるの?」「気持ちの問題だから、いくらでも良いのよ」「じゃぁ、、、500円」「ちょっとぉ〜入れ過ぎだよ!」「んじゃ〜50円」「それでも多い!そんなに出したら、神様は甘やかしすぎ!もっと少なくていいのよ!」、、、、ってな調子で話し合いが続いておりました。まぁいくらでも良いんでしょうけど、“甘やかしすぎ” ですかぁ、まぁねぇ…う〜ん??神様も大変だなぁ…
10/22 月 0.0   しっかり休む日
週末はしっかり走れた。休むべき時間はしっかり休んだ。休みつつDVDで映画を観た。「おとなのけんか」と「ヘルプ」を観た。両方とも面白かった。今月は沢山映画を観れれば嬉しいなぁ…
10/23 火 5.0   少しだけ…
10/24 水 0.0   走れず…
10/25 木 18.0   まぁまぁ
10/26 金 15.0   そこそこ
10/27 土 21.0   萩の掲示板をみて驚いた。250kmマラニックの部の定員は450人。現時点で申込み総数が420人らしい… ひゃ〜皆さん今年は申込みのペースが速いですねぇ。で、ふと自分は申込みを完了したのかどうか不安になった。おぉちゃんと8月上旬に完了しているではないか!よかったよかった一安心(^-^) 来年の萩では好記録が出るように、しっかり準備をしよう♪
10/28 日 0.0   昔の同僚からメールが来た。彼は今年の春に転職をしたものの、その会社がどーもイマイチらしい。しばらくの間はかなり精神的なストレスで参っていたようだが、最近は「腐っていても仕方がない、次を探すか!」と方向転換をしたらしい。よっしゃその意気だ♪彼の今後の飛躍を期待しよう(^-^)
10/29 月 15.0   今週は夜勤(夕方〜深夜)っす。体調を崩さないように注意しましょう(^_^)
10/30 火 18.0   なんと萩往還250kmは、もう定員の450人に達したとのこと!
10/31 水 0.0   ま、今月はこんなもんでしょ
走行距離 262.0  km