ちゅう  
地域 : 京都    年齢 : 中年の仲間入り
一言 : 
約週1の練習で2時間40分を切れるのか?          約週1の練習で2時間40分を切れるのか?          約週1の練習で2時間40分を切れるのか?          約週1の練習で2時間40分を切れるのか?
月日 距離 内容 タイム メモ
7/01 日 0.0   公休
7/02 月 15.0   松ヶ崎→宝ヶ池→岩倉→松ヶ崎
jog
なぜか、妙に疲れた。距離も異常に長く感じた。調子が良くなかったのか???
7/03 火 11.0   松ヶ崎⇔岩倉
jog
火曜の練習会は仕事で遅くなり欠席。とりあえず、走ったけど今日も調子は今一つ。
7/04 水 0.0  
7/05 木 5.0   トレッドミル(ジム)
キロ4分
トラック練習時の女性ランナーとの勝負を楽しみにしていたが雨で流れ、代わりに何よりも嫌いなトレッドミルで距離を稼ぐハメに。5キロが限界。
7/06 金 13.0   松ヶ崎→山(少し)→狸谷山不動尊(階段206段)→芸短→松ヶ崎
jogとか歩きとか。
公休。昨日の約半年ぶりのトレッドミルでまさかの筋肉痛。走り始めた時はくもりやったけど、山を走ってたら雷雨になって慌てて下山。せっかくなんで、狸谷山の階段走に変更。土砂降りの中一時間半、意地で13キロ走る(時々、歩く)。調子は相も変わらず良くない感じ。
7/07 土 12.0   松ヶ崎→宝ヶ池(4周)→松ヶ崎
jog
昨晩、隔週で通ってる整骨医院の先生に、ヒラメ筋がめっちゃ張ってると言われた。近頃の、調子の悪さはコイツのせいか!?痛めてはないようなんで、とりあえず走ってみた。
7/08 日 14.0   松ヶ崎→山(少し)→宝ヶ池(2周)→松ヶ崎
jog
まともに山を走ったのは久々な気がする。けっこう恋しかったけど、最近のお気に入りは宝ヶ池。今日もヒラメ筋は張ってる気がするけど、調子は悪くはなかった気がする。
7/09 月 0.0  
7/10 火 0.0   公休。
7/11 水 15.0   西京極
jog
初めての西京極。一緒に走った大先輩方のご厚意でサブトラックを走らせていただき楽しかったが、相変わらず脚が重い。二日ぶりのrunだったが、妙に久々な気がした。
7/12 木 12.0   松ヶ崎→狸谷山(階段250段)→曼殊院→宝ヶ池(一周)→松ヶ崎
jog
夜の狸谷山と宝ヶ池は、けっこう怖かった。踏んだり蹴ったりの1日の最後を締めくくるように、ジムでは首のストレッチの最中に曲げすぎて、背中を痛めるという悲劇に遭う。
7/13 金 0.0   昨晩は、寝れないくらいの背中の痛み。筋をやったか、筋肉か‥。走れる状態やないので休養。遅番でよかった。
7/14 土 16.0   松ヶ崎→山(300m)→狸谷山(階段250段)→松ヶ崎
公休。背中の痛みはあったものの、走れなくはなさそうやったので走ってみた。久々に山をフルコースで走ったのでバテ過ぎた。背中は少しずつ良くなってるけど、伸ばしたり寝返りをうったりすると、けっこうな痛みが走る。
7/15 日 0.0  
7/16 月 13.0   松ヶ崎⇔岩倉
背中は、まだ少し痛い。蒸し暑すぎる中、けっこういい感じに走れた。なぜか、今日はランナーとよくすれ違った。
7/17 火 9.0   トラック練習
インターバル1000×7(3分50〜40秒くらい)
密かにライバル視している女性ランナーと4分の本体に10秒遅れでスタートのインターバル。3本目には15秒、最終的に20秒に。脚が重かったので、本体に追い付いた後は、ペースを本体に合わせていたが、女性ランナーが後ろから猛追してくる。負けるわけにはいかないので気力でペースアップを七本繰り返す。本気で下手すりゃ負ける‥と、思ったので最後の500mは3分20秒ペースで走り、大人げなく力で押し切る。この女性ランナーとの勝負は面白い。背中の痛みなど忘れてた。
7/18 水 0.0  
7/19 木 10.0   トラック練習
変化走?(最初と最後2キロ、3′40。中の4キロをキロ4分)
最初の2キロが後から効いてきて、4キロくらいでヘバってた。しかし、横には負けられない女性ランナー、後ろに師匠‥という、絶対に止められないトライアングルになってて、止めることを諦める。お陰様でなんとか走り切れました‥が、恒例になった女性ランナーとの勝負は限りなく敗北に近い引き分け。火曜御所から続いてた連勝記録が遂に途切れた。実力者さんなので、いつ負けてもおかしくない感じだが、聞けば走歴もハーフのタイムもそんなに変わらない事が判明し、ますます負けられない事態になった。知らない方が楽な事もあるということを知る。そーいえば、よく考えてみたら、僕が走ったのは大外でした‥という言い訳。
7/20 金 11.0   松ヶ崎→山(少し)→狸谷山(階段250)→松ヶ崎
jog?(わりと歩いた)
公休。行きつけの山は途中で崖崩れが起きていて道が寸断されてた。引き返して狸谷山側から行こうとしたら、階段を登り切ったトコで大雨になって山は断念。13時過ぎくらいか‥あの豪雨はヤバかった。近くで落雷が起きて、下手すりゃ死ぬと思った。30過ぎた男が、平日の真っ昼間に雷雨の中、走って死亡‥そんなんは嫌です。全身ずぶ濡れでもランニングスタイルなら、アスリートみたいでカッコイイかもと思ったが、親と後輩には見られたくない光景かもしれない。
7/21 土 12.0   松ヶ崎⇔岩倉
jog?(かなり歩いた)
かなりの疲労感の中、明日から夏休みの為、無理矢理走る(けっこう歩く)。脚は重く身体と気分は怠かったが、明日から地元の夏祭りで、牛鬼&御輿を担ぐので、体力造りやと思って頑張る。結局、12キロを1時間半かけて走った。最後の500mは、普段なら速いときで3分を切るくらいのペースで走っているが、今日は女子大生風のジョガーにあっさり抜かれた上に、かなり突き放された。きっと、彼女の目には、あのオジさん遅いし抜いたろ‥みたいな感じで映っていたんだろう。それでも、なぜか今日は達成感でいっぱいでした。
7/22 日 0.0  
7/23 月 0.0  
7/24 火 0.0  
7/25 水 0.0  
7/26 木 7.0   トラック練習
インターバル 1000×4(3′45)400×3
地元からUターンして到着したのが六時。ほとんどそのまま練習に参加。正直、休みたかったが頭を切り替えるには走るのが一番。意外にも、疲労感は無かったが、帰省してた4日間の不摂生が祟ったか、体が重すぎた。帰りにジムによって体重を量ってみたら、走った後やのに4キロ近く増えてた。今日の勝負は1000では、後ろにつき最終コーナーから前に出る。400に至っては、スピードで押し切る。女性相手に力技という、男らしくない戦法を用いて勝利。今日の僕は、本調子じゃなかったので‥という言い訳。でも、今回の祭りは、危険なアクシデントの連発で、軽い二日酔いの中、神輿を担いだことに神様が怒ったのか、死んでもおかしくないくらいのもあったので、生きてる事と走れることに感謝します。
7/27 金 20.5   松ヶ崎⇔雲が畑方面
jog
公休。男は黙って山‥そんな自分の中の概念を覆し雲が畑へ。理由は、京都の60代女子最強クラスランナーにして、大親友のオバチャンこと、宝ヶ池のOさんが以前、距離を稼ぎたかったら雲が畑や‥と仰っていた事を急に思い出したから。標高がけっこうあるので、日陰はヒンヤリで気持ちよかったが、わざわざ暑い時間を選んで行った為、予想以上にバテた。気温は36℃くらいあったみたい。見知らぬ土地に一人‥途中で道と山しか無くなって、なんか怖かったんで引き返す。次回は、もう少し開拓しょうと思いますが、やっぱり山がいい。
7/28 土 11.0   松ヶ崎⇔八瀬ケーブル駅
jog+下り坂インターバル(京都バス八瀬駅〜上橋バス停間850m)×2
久しぶりに八瀬。下り坂インターバルは、ふと思いついたもので、バネとか脚の筋力強化になるかも。1本目は850mを2′32。2本目が不明。時計を止めるのを忘れてた。とりあえず、ハンパなく疲れましたが、坂道インターバルよりは楽な気がした。週1くらいで交互にやっていけば、いい感じやと思いますが、続かない気でイッパイです。やっぱり山がいい。
7/29 日 15.5   松ヶ崎→山→狸谷山(階段250段)→松ヶ崎
jog
公休。予定がある日は、早起きして走る‥という、小技をここに来て、やっと身に付けた気がする。10時くらいでも十分すぎるくらい暑かった。土砂崩れの山は復旧してなかったが、今日は崩れた土砂を登って向こう側へ。そしたら、その瞬間鹿がいた。今日は、人間ともよくすれ違った。あと、トカゲも多かった。
7/30 月 0.0  
7/31 火 15.0   (早朝)宝ヶ池練習会 (夜)トラック練習
早朝 400m(ハードペース⇔ミドルペース)×3  3k TT  夜 1000×5(3′50前後 最後500m 3′15)
公休。朝六時からトライアスロンのコーチさんの練習会に参加。3000mのタイムトライアル(1.5×2周)は11′20(最初の1.5を5′57、次が5′23)。恒例のいい訳は、1周目はコースが分からなかったので、他の参加者さんのペースに合わせた‥という、いい訳です。2周目はいい感じに走れてトップでゴール。その中で、一つ気付いたことがあって、どうやら僕は外側を走るクセが付いたようです。TTなのに、大外を走ってました。内に行っても、気付けば外に行ってます。コーチも不思議に思ってたみたいですが、理由を話すと大変納得してくれました。そして、サブ3をできるだけのスピードは十分にあるので、あとは自然でロスの少ない走り方を身に付ける必要があるとのアドバイスと、ハーフを1時間20′台で走れるというお墨付きもいただいた。僕自身は、20′台は絶対にムリやと思ってますが、プロの方に高く評価していただいて嬉しかった。トレーニングも質が高く楽しいものでした。その分、夜はキツかった。2本目にはバテてました。4本目は付いていくだけで精一杯。ラストの一周だけ意地の3′15ペース。大外でした。
走行距離 237.0  km